美容

くぼんだニキビ跡に

楽しい

皮膚科での対処方法

過剰に皮脂が分泌される10代以降の肌は、ニキビができやすく、適切なケアや治療を行うことで肌を健やかに保つことができると考えられていますが、お手入れをしていても治らなかったり、手や爪でつぶしてしまった部分がクレーター状の跡になることがあります。ニキビそのものについてはスキンケアで良くならない場合は、皮膚科の治療が推奨されていますが、外用剤や内服薬を使用してもあまり効果が無く、お肌が炎症を起こした状態が続く場合、美容外科や美容皮膚科など、ニキビやニキビ跡のクレーターの治療を得意とするクリニックでの治療で、症状が目立たなくなるケースがあります。美容外科や美容皮膚科では、皮膚科では取り扱っていない施術や治療で、ニキビやクレーター状の治療を行っています。

効果的な施術

お肌にニキビができた場合、気になってつぶしてしまうとクレーター状の跡が残ることがありますが、これは皮膚科の保険診療では治療は難しいとされています。つぶしてしまってクレーター状になっている症状の場合、真皮の深い部分まで傷ついているため、化粧品や外用薬での治療では効果はあまりないと考えられていますが、美容外科や美容皮膚科のレーザーをはじめとする光線治療は、クレーターを目立たなくすることができるといわれています。美容を得意とするクリニックの場合、医療用のレーザーやその他の光線を症状に合わせて使い分け、お肌のコラーゲンの育成を促進し、ふっくら見せることでくぼんだ部分を目立たなくする治療が行われており、今後も需要が高くなることが予想されます。

ニキビ治療の魅力など

レーザー

ニキビ跡やクレーターを治療する方法としては医療機関で治療を受ける方法があります。特徴はレーザーやピーリング等の各種治療が揃っていることです。また、その治療が人気の理由は低価格でそれらの治療が受けられることです。

詳細を確認する...

綺麗にしたい肌の炎症

レーザー

ニキビ跡は見た目などの印象さえも悪くするものです。改善するには洗顔や化粧水、乳液をつけるのも大事ですが、まずは生活習慣を改善するように努力しましょう。美容外科や美容皮膚科では診察を受けることで、自分のあった改善や治療方法を行ってくれるので、とても人気となっております。

詳細を確認する...

治療でコンプレックス解消

ボディ

気になる傷跡を消すことのできるレーザー治療は美容整形外科で受けることができ、傷跡の形状や大きさによってレーザー機器の種類や治療法が違います。レーザー治療はホームページやクチコミサイトを見て経験豊富な医師を選ぶように気を付けると安心です。

詳細を確認する...